7号墳



6号墳から小さな溝を挟んで10mほど下にある7号墳。
石室が開口しています。
直径10mの円墳。





開口部。

ほぼ南に開口。
玄室後部は残ってますが、羨道から玄門にかけては欠損
しています。
天井石は奥の一個だけが残存。
開口部は大きいので、楽々入室可能。




玄室。

この石室も穹窿式天井の石室です。
幅1.58m、高さ1.4m、玄室長は不明ですが現状では
3m弱ほどか。
小ぶりな横長の石材を4〜5段積み上げてますが、
これがこの古墳群の標準的な構成のようです。



(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ




天井部分。

幅0.8mと、床面に比べて狭まっています。
奥壁も3段目までは垂直に積まれ、そこから上は急激に
前傾しているようです。




玄室から開口部。

石室形状は不明・・・






トップへ
戻る