61号墳



60号墳のすぐ下にある61号墳。

豪快な開口部が目印です。
直径8mの円墳。





開口部正面から。

羨道部分が全壊してます。
小さな墳丘からは不釣合いなほど巨大な石室。
開口部の高さは2m以上あり、この園養山古墳群では
ほとんど唯一といっていい歩いて入室できる石室です。



(*´д`*)ハァハァハァアハァ




石室全景。

奥行き、高さともタップリあります。
足元に散乱してる巨石は羨道部分の天井石らしい。




玄室。


・・・デカイ!

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


これまでのチマチマした石室が嘘みたいな
巨大な石室です。
玄室長3.6m、幅2.1m、高さ2.6m。
側壁が中央で膨らんで、奥壁形が樽型になってます。
側壁の持ち送りは緩やかですが、それでも穹窿式石室の
特徴を備えています。



(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ




天井部。

ちょっと微妙な感じですが、奥の石材がやや高くなってる
かな・・・?




玄室から開口部。

右片袖式。

羨道部分が完存してればなぁ・・・



(・ω・` )





トップへ
戻る